谷尾和昭の海外旅行のエピソード

谷尾和昭さんは、以前から雑誌で見たアイスランドの風景に憧れていました。実際に、現地に行ってみて写真よりも想像を超えていたとテレビ番組で興奮気味に語っていました。空気感や匂いなど全身でアイスランドを感じているようでした。そして、アイスランドに行って自分で車を運転して移動するのも夢だったそうです。

幻想的でピーンと凍った空気感が谷尾和昭さんのイメージにぴったりの場所ですね。でも、意外と現地では間欠泉でわざと水がかかる場所に移動したり、温泉で顔に泥パックをして笑顔全開だったりと、おちゃめで気さくな一面も見せてくれました。アイスランドでは、苦手な運転を1日に9時間もしていたので、苦手意識も無くなっているのではないでしょうか。

谷尾和昭さんは、プライベートでも休みができると、旅行に行くそうです。1人旅も平気なようです。番組でアイスランドに行った時も、ものおじせずにレンタカーの手続きをしていました。きっと旅行で喋る英会話くらいなら喋れるんでしょう。

もう少し、谷尾和昭さんが英語を話しているシーンを見せて欲しかったですね。他の番組では、キューバに1人で行って現地でロックバンドのコンサートを見に行ったり、趣味のスカイダイビングを楽しんだと楽しそうに話されていました。

しかも、海外旅行に行く前には必ず現地でスカイダイビングができる場所があるかチェックしているのだとか。キューバでは、スカイダイビングができないと思っていたそうですが、ビーチで「スカイダイビングしませんか」と言っている人を見付けてすぐに、「やりたい!」とお願いしたそうです。

普通だったら、ちゃんとしたところなのか心配になりますが、何も考えずに申し込むくらいスカイダイビングが好きだということがよく分かりますね。しかも、その時のダイビングでは、宿泊先のホテルのすぐそばに着地してもらうことができたそうです。

番組での様子を見る限りでは、自然体で飾らない様子が好感度を上げていました。肉料理がメインでも「和食が食べたい」などと言う感じでもなく、美味しそうに出されたものをきれいに平らげていました。きっとお友達と一緒に旅行に行っても気を使わずに、楽しく過ごせるタイプなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です