谷尾和昭さん・駆け出しの頃

谷尾和昭さんは、ある少女向け雑誌でモデルデビューをされました。2年間その雑誌のメンズモデルを務められました。当時も可愛らしい顔立ちで、ヤングイケメンモデルとして、紙面でご活躍されました。この方はご多忙でしたが、モデルとして様々なチャレンジをされ、その中でも注目だったのが、雑誌上で行われた女装企画でした。とてもかわいらしさのある女装をご披露され、その女装は女性の間でも好評で、人気投票で第1位を獲得されました。
その後、谷尾和昭さんは2011年に雑誌のモデルをご卒業され、すぐに俳優デビューをされました。この方が俳優デビューをされたのは2010年7月から9月まで毎週金曜日の23:15から翌日の0:15に放映されたドラマです。人気俳優さんが主役を務められていたドラマで、架空の南熱海市を舞台にストーリーが展開され、3年前の女子高生失踪事件の謎が、元失踪者が意識を取り戻したのを機械に進展されるというものでした。

谷尾和昭さんは、ある学園の数少ない男子生徒の1人で美少年役を演じられ、市長とその愛人の間の子供という、腹違いの兄のいる少年役を好演されました。この中で谷尾和昭さんは、父親の愛情を一身に受ける腹違いの兄に対し、嫉妬などの複雑な感情もつ役を演じられました。この演技が好評だったこの方は、その後、映画で初主演を果たされました。
その映画は2011年に製作された日本映画です。有名な監督のもと、あるロックバンドの同名曲をモチーフとした作品で、そのロックバンドグループの出身地の北海道稚内市を舞台にストーリーが展開されていきます。映画ではクラスメートの男女の中学生がバンドを結成する模様が描かれています。

俳優デビュー後、すぐに主演を果たされたこの方はすばらしい演技をされる俳優さんだったのですね。何もかも初めてのことが多い中で、ご自身の演じられる役割について考えながら、悩みながら演技をされ、高い評価を得られていらっしゃいます。
役を演じるということの大変さや楽しさ、苦労などもおありだったといわれ、だからこそますますよい演技をしたいと新たに決心をするきっかけにもなった貴重なこの作品へのご出演は、注目を集めました。そして、この方は役者としてさらに注目を集めるようになり、その後、話題の作品などに多くご出演されていかれます。

デビューして間もない中で、少しでも良い作品を作ろうと努力されたこの方の役者としての姿勢はとてもすばらしいですね。今後のご活躍が期待されますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です