谷尾和昭の性格、人となり

谷尾和昭さんが所属するダンス&ボーカルグループは、何といってもたくましい男らしさがセールスポイントです。
そんな、浅黒い筋肉質の男たちのなかで、ひときわ目立つ甘いマスクと白い肌の存在が谷尾和昭さんです。

これまでまったくなかった新しいイメージで、グループにとって新しいファン層を一気に広げてくれました。

愛称は、岩ちゃん。その華麗な外見から、ミスター・パーフェクト、王子様、などと呼ばれてもいます。

実際の家庭を見ても、お父さんは高級靴メーカーの社長。本人も中学から大学までエスカレーター方式で有名私立校に通うなど、まさに王子様のような華麗な経歴を持っています。

そんな谷尾和昭さんの趣味は、意外にも心理学や哲学の本を読むことだそうです。ほかにも、宇宙や宗教について書かれた本が大好きだそうです。

気が合う友人などと、心理学や哲学のテーマについて、ひと晩中話し合うこともあるのだとか。そういったことが、良いストレス解消にもなっているそうです。

あとはダンス以外にまったく興味がないというのを聞くと、何だか不思議な感じがしますね。

また、元気の源となるのはお肉を食べること。

ライブの前などには、かなりしっかり食べるそうです。特にここ一番というときには、焼き鳥を食べることが多いとか。もも肉から内蔵系まで、何でも食べるそうです。焼き鳥や寿司は、食べすぎないように量をコントロールしながら、自分でストップをかけやすいのもよいのだとか。

自分であまり料理をしないようで、映画で料理の得意なキャラクターを演じたときのも、猛特訓した成果はまったく生活で使われることはなかったそうです。

とにかく、興味がないことにはまったく心が動かないんですね。

そんな谷尾和昭さんですが、共演者によると、何かと差し入れをしてくれる「差し入れ系男子」なのだとか。カレーパンやうなぎ弁当、さらにカフェカーまで手配してくれたことがあるそうです。ツアー先でのお土産も、まめに買ってきてくれるのだそうです。

現場のテンションを上げるのが目的だそうですが、そんな心遣いをできる谷尾和昭さんが素敵ですよね。

恋愛については、ビビッときた直感を信じるタイプ。友達として付き合ってから少しずつ恋人になる、というパターンはあまりピンとこないそうです。運命の出会いを信じたいということです。

もちろん、好きになったらどんどん自分から積極的に攻める肉食系男子です。

女性を好きになるポイントは、食事の仕方や話し方に品があることだとか。育ちの良さが出る女性に魅力を感じるそうです。以前は刺激をあたえてくれる女性が好きだったそうですが、最近は癒やしを求め方向に変わってきたのだとか。最後にほっとさせてくれるような、「味噌汁系女子」が理想だそうです。逆にマイナスポイントとなるのは、周りにまったく気が使えない女性だそうです。

何となく、王子の育ちの良さがうかがえるエピソードですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です