スポーツ万能な谷尾和昭

谷尾和昭は日本の俳優であり演出家です。神奈川県出身です。

谷尾和昭の略歴は、両親が4歳の時に離婚して、親権が父親のものとなったため、父親と暮らすこととなりました。
しかし、その父親が新しい女性と親密な関係となったことから、祖父母に育てられるようになりました。

その後、小学校に入学、卒業し、横浜市立六角橋中学校に入学しました。中学卒業後は神奈川県立鶴見高等学校へ進学しました。

神奈川県立鶴見高等学校は、部活動が盛んに行われていることが有名です。また、数多くの著名人を輩出しています。その部活動の範囲は多岐にわたり、
剣道、硬式テニス、サッカー、柔道、水泳、ソフトテニス、卓球、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、バドミントン、野球、ラグビー、陸上、
ラクロス、ダンスといった運動部系の部活動と、軽音楽、華道、茶道、写真、吹奏楽、生物、美術、漫画研究、書道といった文化部系の部活動があります。

それらの部活に所属している生徒は8割以上です。
神奈川県立鶴見高等学校を卒業した谷尾和昭は、一浪して難関大学である東京理科大学へ入学しました。
東京理科大学は、日本の私立大学としては唯一ノーベル賞受賞者を輩出した大学です。8学部33学科を有する日本でも最大規模の理工系総合大学で、
理工系大学でありながら経営学部という文系の学部があることでも有名です。東京理科大学は、受験する際に全国でも有数の難関大学であり
、また、入学後の研究内容も非常に充実した内容となっています。

つまり、受験に合格するのも難しく、卒業するのも難しいトップレベルの大学なのです。

谷尾和昭はその東京理科大学に在学していた頃、手塚治虫原作の『陽だまりの樹』に出演していた俳優の演技を見て、
その演技に感銘を受けて俳優を志そうと心に決め、東京理科大学は3週間で中退しました。一浪して苦労して受験勉強を一生懸命してつかみ取った東京理科大学での勉学の道を、
わずか3週間でやめるに至った行動は、その俳優の演技力が相当凄まじいものでインパクトのあるものであったことを物語っています。

東京理科大学を3週間で中退した後は、すぐに俳優養成所に入所しました。そこで舞台活動などを通じて下積み時代を過ごし、演技力に磨きをかけるとともに
、脚本や演出にも挑戦して新しいことにチャレンジしています。
谷尾和昭はこのような経緯で、現在では日本を代表する俳優、演出家となったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です